もし麻薬所持・使用で逮捕されたら…?逮捕後の流れと対処法 - 刑事事件に強い大阪の弁護士法人ロイヤーズハイ

弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
大阪難波・堺・岸和田・神戸の 刑事事件 加害者側専門サイト

もし麻薬所持・使用で逮捕されたら…?逮捕後の流れと対処法

facebook Twitter line pocket はてなブックマーク

ここ数年、芸能界を中心に麻薬の所持・使用で逮捕されるニュースが増えましたよね。
普通に生活している分にはあまり馴染みがないこれらの罪ですが、何らかの繋がりで麻薬の所持・使用の当事者になる可能性はゼロではありません。
刑事事件は対応が早いほど解決もスムーズに進むため、事前知識として逮捕後の流れや対処法を知っておくべきでしょう。
今回は、麻薬に関する罪や刑罰、逮捕後の流れや釈放までの道のりを解説します。

 

1 麻薬に関する罪と刑罰の重さは?

麻薬の所持や使用に関する罪は「麻薬及び向精神薬取締法違反」に規定されています。
対象となる薬物は主に3種類で、

⑴ジアセチルモルヒネ(俗に言うヘロイン)などの麻薬
⑵ジアセチルモルヒネ以外など以外の麻薬(モルヒネ、コカイン、MDMAなど)
⑶向精神薬

 

に分類されます。また、最も刑罰が重いのは1で、依存性が強いことがその理由とされています。
この3種類について刑罰の重さをまとめると、以下のようになります。

 

⑴ジアセチルモルヒネ(俗に言うヘロイン)などの麻薬

a.輸入・輸出・製造…1年以上の有期懲役
b.営利目的でのa… 無期又は3年以上の懲役(1000万円以下の罰金がプラスされる可能性あり)
c.製造・小分け・譲渡・譲受・交付・所持・施用・廃棄・受施用…10年以下の懲役
d.営利目的でのc…1年以上の有期懲役(500万円以下の罰金がプラスされる可能性あり)

 

⑵ジアセチルモルヒネ以外など以外の麻薬(モルヒネ、コカイン、MDMAなど)

a.輸入・輸出・製造・栽培… 1年以上10年以下の有期懲役
b.営利目的でのa… 1年以上の有期懲役(500万円以下の罰金がプラスされる可能性あり)
c.製造・小分け・譲渡・譲受・所持・施用・施用のための交付…7年以下の懲役
d.営利目的でのc…1年以上10年以下の懲役(300万円以下の罰金がプラスされる可能性あり)

 

⑶向精神薬

a.輸入・輸出・製造・製剤・小分け… 5年以下の懲役
b.営利目的でのa… 7年以下の懲役(200万円以下の罰金がプラスされる可能性あり)
c.譲渡・譲渡し目的所持…3年以下の懲役
d.営利目的でのc… 5年以下の懲役(100万円以下の罰金がプラスされる可能性あり)

 

このように1が最も刑罰が重く、最悪の場合は無期懲役プラス罰金になる可能性すらあります。

 

2 初犯で捕まると刑罰はどれくらい?未遂の場合は?

一般的に、麻薬及び向精神薬取締法違反の初犯で、ごく少量の薬物を「所持」していたとすると、1年6か月の懲役プラス執行猶予という形に落ち着くことが多いです。これは覚せい剤なども同じで、初犯の相場といえるかもしれません。
ただし、営利目的で定期的に売買していたり、大量の所持・輸入していたりすると、初犯でも実刑になる可能性が高まります。
また、麻薬及び向精神薬取締法違反は「未遂」でも罪になります。

 

3 逮捕後の流れと早期釈放に向けて

逮捕されたタイミングと前後しますが、警察が家宅捜索、証拠物品の押収、本人の尿検査などを実施します。
これは本人だけではなく、同居している家族や友人、恋人などに対しても行われる可能性があるのです。
また、麻薬及び向精神薬取締法違反で逮捕されると、3日以内に勾留され、最大で20日間(基本は10日間、延長で10日間がプラスされる可能性あり)の勾留がはじまります。
単純に考えて、最大23日間は日常生活から切り離されることになるわけですね。

 

逮捕後に釈放されるためには、「不起訴」「執行猶予付き判決」「無罪」のいずれかに該当しなければなりません。
このうち、いずれのルートにおいても弁護士の力が必要になります。
例え身に覚えがない(無罪)であっても、それを証明するための弁護活動が必要なのです。
麻薬及び向精神薬取締法違反は被害者のいない犯罪で、示談で早期釈放につなげることができません。
だからこそ、弁護士の力で早期解決を図るべきなのです。

覚せい剤で逮捕される場合

このコラムの監修者

  • 田中今日太弁護士
  • 弁護士法人 法律事務所ロイヤーズ・ハイ

    田中 今日太弁護士(大阪弁護士会所属)弁護士ドットコム登録

    弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイの代表弁護士を務める。 大手法律事務所で管理職を経験し、性犯罪事件、窃盗・横領などの財産事件、暴行傷害などの暴力事件などで多数の不起訴経験あり。刑事弁護委員会所属。 お客様を精一杯サポートさせていただくことをモットーとし、豊富な経験と実績で、最善策の見通しを即座に迅速かつ適切な弁護活動を行う。

facebook Twitter line pocket はてなブックマーク