脱法ドラッグ - 刑事事件に強い大阪の弁護士法人ロイヤーズハイ

弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
大阪難波・堺・岸和田・神戸の 刑事事件 加害者側専門サイト

脱法ドラッグ

facebook Twitter line pocket はてなブックマーク

1 脱法ドラッグとは

脱法ドラッグとは、法律によって規制されていないけれども、禁止薬物と似たような効果がある薬物のことです。

薬物犯罪は、成分を指定することによって規制されているため、指定成分を含まない薬物であれば、規制が及びません。

そこで、本来違法な薬物と似たような効用のある薬物であっても、指定成分さえ含まれていなければ、開発・流通させることができるので「脱法」ドラッグと言います。脱法ドラッグは、その危険性故に「危険ドラッグ」と言われることもあります。

 

2 脱法ドラッグへの規制が強化されている

脱法ドラッグの開発・流通とそれに対する規制は、いたちごっこのような状態になっていました。

そこで政府は脱法ドラッグへの規制を強化すべく、さまざまな対応をとっています。

たとえば、禁止薬物の指定方法を、個別的ではなく、ある程度一括で指定できる制度が導入されたことによって、従来よりも早く脱法ドラッグが「違法ドラッグ」になりやすい状況となっています。

 

3 脱法ドラッグを所持している場合の危険性

脱法ドラッグの場合、「禁止されていないから所持・使用しても問題がない」と思うかも知れませんが、そのような考え方は危険です。

過去には合法であったとしても、いったん厚生労働大臣が「禁止薬物」と指定して、罰則が設けられた場合には、違法となって処罰される可能性があります。今は、迅速に脱法ドラッグが違法ドラッグとなりやすい制度に変わっているので、売人が「このドラッグは安心」などと言っていても、信用すべきではありません。

 

4 脱法ドラッグの所持も処罰対象となる

脱法ドラッグが違法薬物に指定された場合、使用するともちろん処罰対象となります。

また、過去にはドラッグの「所持」だけでは処罰されませんでしたが、今は「所持」も処罰対象となっています。

そこで、「この薬は大丈夫」と言われて購入し、「やっぱり使うのは辞めておこう」と思って持っているだけであっても逮捕されてしまう可能性があるのです。

正体の分からない薬物には、絶対に近づかないことが大切です。「預かってほしい」と言われて預かることも許されません。

 

5 脱法ドラッグで別の犯罪につながるケース

脱法ドラッグを使用すると、それ自体に違法性が認められなくても、別の犯罪につながるケースが非常に多いです。

よくあるのが、交通事故です。薬物で正常な運転ができない状態で運転をして人身事故を起こすと、危険運転致死傷罪が成立して、非常に重い刑罰を科されます。

被害者が障害を負った場合には15年以下の懲役刑、被害者が死亡した場合には1年以上の有期懲役刑となります。

初犯でも実刑判決を受ける可能性が非常に高くなるので、薬物を使用しているなら、絶対に運転をしてはいけません。

また、薬物を使用して幻覚幻聴が発生したため、他人に切りつけて殺傷事件につながるケースなどもあります。

 

6 脱法ドラッグ問題でお悩みの場合、弁護士までご相談下さい

「自分が過去に買ったドラッグが脱法ドラッグかも知れない」、「子どもが脱法ドラッグにはまっている」など、脱法ドラッグに関するお悩みを抱えておられる方はたくさんいらっしゃいます。放置していると大変な不利益が及ぶ可能性があります。

脱法ドラッグ問題でお悩みの場合には、お早めに法律事務所ロイヤーズ・ハイまでご相談下さい。

このコラムの監修者

  • 田中今日太弁護士
  • 弁護士法人 法律事務所ロイヤーズ・ハイ

    田中 今日太弁護士(大阪弁護士会所属)弁護士ドットコム登録

    弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイの代表弁護士を務める。 大手法律事務所で管理職を経験し、性犯罪事件、窃盗・横領などの財産事件、暴行傷害などの暴力事件などで多数の不起訴経験あり。刑事弁護委員会所属。 お客様を精一杯サポートさせていただくことをモットーとし、豊富な経験と実績で、最善策の見通しを即座に迅速かつ適切な弁護活動を行う。

facebook Twitter line pocket はてなブックマーク