無実・無罪を証明してほしい | 大阪難波(なんば)・堺の刑事事件に強い弁護士|弁護士法人法律事務所ロイヤーズハイ

無実・無罪を証明してほしい

無実・無罪を証明するために、最善の弁護活動を行います。

自白は、犯人が罪を犯したことを立証するために極めて重要な証拠です。それは今も昔も変わりません。そこで、警察などの捜査機関の取り調べでは、自白を獲得するために苛烈な取り調べが行われることもあります。その結果、冤罪が生まれてしまうのです。

特に逮捕直後などは、弁護士がついていないケースがままあります。そして、突然の逮捕にショックを抱いて混乱している最中に苛烈な取り調べを受けて、つい嘘の自白をしてしまうことが実際にあるのです。

だからこそ、冤罪を防ぐためにも、逮捕されたらすぐに弁護士をつけることが大切です。

無実・無罪を証明するための弁護士の活動ってどんなことをするの?

1.取調べに対する適切な対応のアドバイスを行う

捜査機関の取り調べを受けるときに、被疑者が安易な気持ちで虚偽の自白をしてしまったり、もしくは不利な事情を認めてしまったりすることがあります。その場合、それを調書に取られてしまい、調書に署名押印をしてしまうと、後にこれを覆すことは極めて困難になります。

だからこそ、警察などは、苛烈な取り調べを行い、自白をとるか、不利な事情を引き出させ、それを調書化しようとします。

しかしながら、それが違法・不当な取り調べなのかどうか、有利な事情なのか不利な事情なのかは、法律の専門家ではない被疑者の方が判断することは極めて難しいです。

そこで、刑事弁護に特化した弁護士に、取り調べに対する適切な対応のアドバイスをもらう必要があるのです。

2.違法・不当な取り調べを捜査機関がした場合に、徹底的に抗議して冤罪を防ぐ

違法・不当な取り調べが行われたら、当事務所の弁護士が徹底的に抗議します。

3.虚偽の自白をしてしまった場合に、違法・不当な取り調べをしたことを主張して、無罪を主張します。

違法・不当な取り調べによって得られた自白は、違法な手続きによって得られた証拠です。ですので、証拠として使うことはできないことを主張して、無罪を主張していきます。

4.アリバイなどの有利な証拠を探す

法律事務所ロイヤーズ・ハイでは、いわゆるアリバイなどの有利な証拠や事情を探して、徹底的に主張していきます。

このコラムの監修者

  • 田中今日太弁護士
  • 弁護士法人 法律事務所ロイヤーズ・ハイ

    田中 今日太弁護士(大阪弁護士会所属)
    弁護士ドットコム登録

    弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイの代表弁護士を務める。
    大手法律事務所で管理職を経験し、性犯罪事件、窃盗・横領などの財産事件、暴行傷害などの暴力事件などで多数の不起訴経験あり。刑事弁護委員会所属。
    お客様を精一杯サポートさせていただくことをモットーとし、豊富な経験と実績で、最善策の見通しを即座に迅速かつ適切な弁護活動を行う。

トップ > [悩み別ご相談内容] > 無実・無罪を証明してほしい
side-toiawase

事務所案内

image 法律事務所ロイヤーズ・ハイ

難波本店

556-0011
大阪市浪速区難波中1-13-17
ナンバ辻本ビル4階
TEL:06-6586-9400

南海難波駅より徒歩3分
大阪市営地下鉄御堂筋線「なんば」駅
より徒歩3分
JR「難波」駅より徒歩5分
近鉄「大阪難波」駅より徒歩5分

堺支店

590-0028
堺市堺区三国ヶ丘御幸通1-2
ケンスイビル5階c号

南海高野線「堺東」駅より徒歩3分

okaykubunner

主な対応エリア

大阪市(都島区 福島区 此花区 西区 港区 大正区 天王寺区 浪速区 西淀川区 東淀川区 東成区 生野区 旭区 城東区 阿倍野区 住吉区 東住吉区 西成区 淀川区 鶴見区 住之江区 平野区 北区 中央区),堺市(堺区 中区 東区 西区 南区 北区 美原区)大阪近郊,京都府,兵庫県,滋賀県,奈良県など 対応エリア詳細はコチラ