大阪・難波・堺で、刑事事件・少年事件に強い弁護士をお探しなら、法律事務所ロイヤーズ・ハイ事務所までお気軽にご相談ください。

スピード違反

スピード違反で刑事事件になるケースについて

自動車やバイクを運転しているとき「スピード違反」をすると、交通事故を起こしていなくても罰則が適用されるケースがあります。

以下では、スピード違反で刑事責任を問われるのはどのようなケースなのか、弁護士が解説いたします。

1.スピード違反は「道路交通法違反」

スピード違反は、道路交通法違反の行為です。法定速度を超えて車両を運転していると、道路交通法に反する違法行為として検挙される可能性が出てきます。

では、時速何キロメートル以上オーバーしたら、道路交通法違反なのでしょうか?

一般的に、スピード違反については「法定速度より〇キロ超過したら捕まる」などと思われていることがありますが、実際には「〇キロまでなら超過しても良い」ということはありません。

たとえ1キロでも超過したら違法になってしまうので、注意が必要です。

2.スピード違反と法定速度

それでは、具体的には法定速度は何キロメートル/時となっているのでしょうか?

2-1.一般道の場合

一般道の場合の法定速度は以下の通りです。

60キロメートル/時

  • 大型乗用自動車
  • 普通乗用自動車
  • 軽自動車
  • 大型自動二輪車
  • 普通自動二輪車
  • 大型貨物自動車
  • 大型特殊自動車
  • トレーラー

30キロメートル/時

  • 原付

80キロメートル/時

  • 緊急自動車

2-2.高速道路の場合

100キロメートル/時

  • 大型乗用自動車
  • 普通乗用自動車
  • 軽自動車
  • 大型自動二輪車
  • 普通自動二輪車

80キロメートル/時

  • 大型貨物自動車
  • 大型特殊自動車
  • トレーラー

100キロメートル/時

  • 緊急自動車

上記の速度を超過すると、スピード違反で違法となります。

3.スピード違反の刑罰

スピード違反をした場合の刑罰は、以下の通りです。

  • 6ヶ月以下の懲役または10万円以下の罰金

実際にどの程度の刑罰が適用されるかについては、スピード超過の程度によって異なります。

たとえば、80キロメートル/時以上の速度超過があった場合などには、初犯でも懲役刑(実刑)判決を受けてしまうことも十分考えられます。

4.スピード違反で前科がつくこともある

スピード違反の場合、略式裁判で罰金を支払って刑事手続きが終了することも多いので、ことを大げさに考えない方がおられます。

しかし、罰金刑であっても前科になります。前科の記録は捜査機関において保管されるので、次にスピード違反をしたときには懲役刑を選択されたり実刑判決を受けたりする可能性も高まってきます。

5.スピード違反で刑事事件になったときの対処方法

スピード違反で刑事事件になった場合、前科をつけないためには不起訴処分を獲得する必要があります。

そのためには、本人が反省していることを示し、免許を再取得しないことを約束したり、家族による監督が期待できることを主張したりして、検察官を説得しなければなりません。

このような効果的な防御活動を展開するためには、刑事弁護に長けた弁護士によるサポートが必要です。

 

スピード違反で逮捕されたり送検されたりしてお困りの場合、お早めに法律事務所ロイヤーズ・ハイまでご相談下さい。

side-toiawase

事務所案内

image 法律事務所ロイヤーズ・ハイ

難波本店

556-0011
大阪市浪速区難波中1-13-17
ナンバ辻本ビル4階
TEL:06-6586-9400

南海難波駅より徒歩3分
大阪市営地下鉄御堂筋線「なんば」駅
より徒歩3分
JR「難波」駅より徒歩5分
近鉄「大阪難波」駅より徒歩5分

堺支店

590-0028
堺市堺区三国ヶ丘御幸通1-2
ケンスイビル5階c号

南海高野線「堺東」駅より徒歩3分

主な対応エリア

大阪市(都島区 福島区 此花区 西区 港区 大正区 天王寺区 浪速区 西淀川区 東淀川区 東成区 生野区 旭区 城東区 阿倍野区 住吉区 東住吉区 西成区 淀川区 鶴見区 住之江区 平野区 北区 中央区),堺市(堺区 中区 東区 西区 南区 北区 美原区)大阪近郊,京都府,兵庫県,滋賀県,奈良県など 対応エリア詳細はコチラ