不起訴 - 刑事事件に強い大阪の弁護士法人ロイヤーズハイ

弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
大阪難波・堺・岸和田・神戸の 刑事事件 加害者側専門サイト
【窃盗 50代男性】「コンビニにおいて他の買い物客のカバンを窃盗した案件。警察での1回目の取調べを終えた後…」

不起訴

事案の概要

コンビニにおいて他の買い物客のカバンを窃盗した案件。警察での1回目の取調べを終えた後、被害弁償等のための活動を希望された。

相談内容

被害者との示談活動等を依頼したい。窃盗の前科があります。刑事処分を避けられないでしょうか?

弁護士からのアドバイス

捜査機関を通じて、被害者に対して、謝罪や示談交渉の申出を行いました。被害者は当初、弁護士からのコンタクトも拒否されていましたが、最終的に、弁護士からであれば示談の話を聞いてみてもよいというご意向に変わり、被害者と示談交渉を行いました。
真摯に反省していること、及び、被害者への謝罪の意を、弁護士を通じて被害者に伝えることにより、被害者と示談をすることができました。
示談交渉の他にも、当事者の反省状況を示す反省文の作成、弁護士による意見の提出等の弁護活動を通じて、最終的に不起訴の処分を獲得しました。

ご本人には同種の前科がありました。示談の他に、二度と同じことを繰り返さないことを示すために、弁護士のサポートの下、反省文の作成等の情状弁護活動に取り組んだことで、刑事処分を回避することができました。