示談成立により刑事事件化せず終了 - 刑事事件に強い大阪の弁護士法人ロイヤーズハイ

弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
大阪難波・堺・岸和田・神戸の 刑事事件 加害者側専門サイト
【強制(不同意)わいせつ 50代男性】「同じ職場の既婚者の女性に対し,同意があると思って,手をつないだりキスをするなどしたところ…」

示談成立により刑事事件化せず終了

事案の概要

同じ職場の既婚者の女性に対し,同意があると思って,手をつないだりキスをするなどしたところ,被害女性は同意がなく,また夫にも発覚したため,慰謝料及び刑事告訴をする旨を告げられた事案

相談内容

自分としては,自分に好意を持ってくれていて同意があると思っていましたが,女性のほうはそうではなかったようで,夫の方にも発覚してしまい,どうすればよいかわかりません。

弁護士からのアドバイス

状況的には,強制わいせつが成立する可能性もある事案でしたが,弁護士を通じて,示談交渉を行い,刑事告訴しない旨の示談が成立し,刑事事件化を免れました。
通常の性犯罪は,全く知らない関係であることが多いので,警察などの捜査機関を通じてしか被害者の連絡先を入手することはできません。
しかし,本件は,同じ職場で,連絡先を知っていたことやまだ警察に通報されていなかったことから,弁護士を通じた示談によって,刑事事件化せずに終了
しました。