不起訴 - 刑事事件に強い大阪の弁護士法人ロイヤーズハイ

弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
大阪難波・堺・岸和田・神戸の 刑事事件 加害者側専門サイト
【強制(不同意)わいせつ 30代男性】「自転車に乗っている女性を追い抜き様に,胸を触って逃走したが,警察に通報されて現行犯逮捕された事案。また被害女性の被害感情は強く…」

不起訴

事案の概要

自転車に乗っている女性を追い抜き様に,胸を触って逃走したが,警察に通報されて現行犯逮捕された事案。また被害女性の被害感情は強く,胸を触って揉んだ回数に争いがあったほか,その後自転車から転倒した等の被害申告があった。

相談内容

犯行当時は,お酒を飲んでいて,あまり内容を覚えていないがやったことはまちがいないと思う。ただ,このまま釈放されないと仕事にも行くことができないので,どうすればよいか?また,直ちに示談活動も行ってほしい。

弁護士からのアドバイス

本件は,ご依頼後,早速接見に行って,直ちに仕事や家族がいることで逃亡のおそれや罪証隠滅のおそれがないことなどをまとめた書面を,勾留請求が行われた裁判所に提出したことで,勾留請求が棄却されて釈放がされました。
逮捕後は,直ちに勾留請求が行われないような捜査機関への働きかけ,また勾留請求がされたとしても,裁判所に対して棄却を求める書面を提出するなどして,勾留を防ぐ必要があります。
本件は,勾留請求が棄却されたため,在宅捜査に切り替わり,被害女性との示談活動もできたため,不起訴処分になりました。