示談により刑事事件化せずに終了 - 刑事事件に強い大阪の弁護士法人ロイヤーズハイ

弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
大阪難波・堺・岸和田・神戸の 刑事事件 加害者側専門サイト
【強制(不同意)わいせつ 50代男性】「マッサージの施術中に,女性の同意があると軽信して,女性の胸や股間等を触ったことにより…」

示談により刑事事件化せずに終了

事案の概要

マッサージの施術中に,女性の同意があると軽信して,女性の胸や股間等を触ったことにより,強制わいせつで刑事告訴と300万円の損害賠償請求を受けていた事案

相談内容

被害女性は顧客でもありましたが,同意があると軽信して,胸なども触ってしまいました。
刑事告訴や高額な慰謝料の請求を受けて自分としてはどう対処すればいいのか分かりません。

弁護士からのアドバイス

本件は,マッサージの施術中であり,他方で,同意があると言えるほどの客観的状況でもなかったことから,誠実に謝罪を行い,示談交渉を行うこととしました。被害女性の被害感情は強く,慰謝料の金額でなかなか折り合いませんでしたが,事案の内容に照らして相当と思われる金額以上の提案が困難であること等を伝えて粘り強く交渉したところ,示談が成立して,刑事事件化せずに終了しました。