不起訴 - 刑事事件に強い大阪の弁護士法人ロイヤーズハイ

弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
大阪難波・堺・岸和田・神戸の 刑事事件 加害者側専門サイト
【大阪府迷惑防止条例違反 30代男性】「路上において女性に痴漢。女性から被害届が出され、警察から呼び出され、1回目の取調べの終了後に…」

不起訴

事案の概要

路上において、成人女性に対して、痴漢を行った事案

相談内容

女性から、被害届が出され、警察から呼び出され、1回目の取調べの終了後に、仕事への影響を不安に思われたことから、相談に来られた事案。

弁護士からのアドバイス

依頼後、弁護士が被害者との示談活動を開始しました。弁護士の活動の結果、被害者と示談をすることができ、被害届を取り下げてもらうこともできました。ただ、途中で、余罪が発覚しました。そこで、別の被害者とも示談活動を行い、謝罪して、示談をすることができました。弁護士は、捜査機関に示談書を提出し、事件は不起訴で終了しました。

複数の被害者がいる場合には、捜査機関によって、複数の事件が立件される可能性があります。その場合には、複数の被害者と示談活動を行う必要がでてきます。複数の被害者との示談活動には、時間がかかることから、早めに、弁護士に依頼されることをおすすめします。