不起訴 - 刑事事件に強い大阪の弁護士法人ロイヤーズハイ

弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
大阪難波・堺・岸和田・神戸の 刑事事件 加害者側専門サイト
【大阪府迷惑防止条例違反 20代男性】「女子トイレ内を盗撮中に、警察を呼ばれ、警察に逮捕されたところ、釈放後に…」

不起訴

事案の概要

成人の男性が女子トイレ内を盗撮した事案

相談内容

盗撮中に、警察を呼ばれ、警察に逮捕されたところ、釈放後に、被害者との示談活動の依頼があった事案。

弁護士からのアドバイス

依頼後、弁護士が被害者との示談活動を開始しました。被害者に謝罪をしたうえで、解決金を支払うことを伝えました。最終的には、弁護士の示談活動の結果、被害者と示談をすることができました。被害届を取り下げもらうこともできました。弁護士は、捜査機関に示談書を提出し、事件は不起訴で終了しました。

被害者と示談をしていなければ、罰金などの前科がつく可能性がある事案でした。被害者がいる事案では、被害者と示談が成立しているか否かで検察官の処分が変わってきます。今回は、被害者と示談が成立したことが不起訴の決め手となりました。

被害者の連絡先は、弁護士にしか教えてもらえないことから、被害者と示談するためには、弁護士に依頼する必要があります。示談活動には時間がかかるところ、早めに弁護士に依頼して、十分な時間を確保できたことが、不起訴処分につながりました。