不起訴 - 刑事事件に強い大阪の弁護士法人ロイヤーズハイ

弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
大阪難波・堺・岸和田・神戸の 刑事事件 加害者側専門サイト
【強制(不同意)性交 10代男性】「女性から、被害届が出され、警察から呼び出されたため、不安に思われた少年及びそのご家族から…」

不起訴

事案の概要

未成年の少年が未成年の女性に対して、性行為を行った事案

相談内容

女性から、被害届が出され、警察から呼び出されたため、不安に思われた少年及びそのご家族からのご相談。

弁護士からのアドバイス

早期に弁護士が活動を開始し、警察での取調べに対する対応について助言しました。性行為には、女性の同意があった可能性もあったことから、同意の有無を裏付ける証拠などを協力して収集しました。弁護士は、検察官に対し、収集した証拠と同意があった旨の意見書を一緒に提出しました。その結果、検察官は、家庭裁判所に事件を送致することなく、事件は不起訴で終了しました。少年は、少年審判を受けることもなく、普段通りの生活を送ることができるようになりました。
罪名だけであれば、非常に悪質な事件態様ですので、少年の年齢によっては、逆送の対象事件として、成人と同様に、正式な裁判になる可能性がある事件でした。
少年が性行為に同意があったとして犯行を否認していましたので、少年の意見に耳を傾けて、同意があったことを裏付ける証拠を探しました。弁護士が、意見書だけでなく、証拠を一緒に提出することによって、検察官に罪が成立しないことを理解してもらうことができました。
少年事件の場合は、成人の場合以上に、自分がやっていなくても、自白してしまう可能性が高まります。否認をするにしても、黙秘を貫くのか、供述をするのかは、事案によっても異なります。弁護士が適切に助言をすることによって、不利益な自白調書を作成されることはありませんでした。