不起訴 - 刑事事件に強い大阪の弁護士法人ロイヤーズハイ

弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
大阪難波・堺・岸和田・神戸の 刑事事件 加害者側専門サイト
【強姦(強制性交等)致傷事件 30代男性】「女性をナンパしてラブホテルに入ったが,女性が気変わりして帰ろうとしたのを引き留めつつ同意があると考えて…」

不起訴

事案の概要

女性をナンパしてラブホテルに入ったが,女性が気変わりして帰ろうとしたのを引き留めつつ同意があると考えて,性交渉を行った後,女性から警察に通報された事案

相談内容

女性も一緒にラブホテルに入ったこと等から同意があると考えて性交渉を行いましたが,警察沙汰になってしまいました。また,女性は怪我をしているとのことで,強姦(強制性交等)致傷というとても重い罪で捜査されているようです。どうすればよいでしょうか?

弁護士からのアドバイス

女性の同意の有無は,本件の処分を分けるのにとても大きな要素です。ナンパしてラブホテルに入ったこと等からすれば同意があると言える可能性もありますが,帰ろうとしていたという事情を重く見ると,同意がなかったように捉えられる可能性もあります。
被疑事実(容疑)がとても重い罪になっているため内容を完全に否認して争うよりも,念のため示談活動をしておきたいという本人の希望があったため,示談活動に入りました。
結果,無事示談が成立したこと,検察官には,同意があった旨や暴行脅迫がなかった旨の不起訴意見を提出して,無事不起訴となりました。

本件のように,被疑事実(容疑)を否認しながらも,示談を行うことがありますので,同じような状況の方もお気軽にご相談くださいませ。