不起訴 - 刑事事件に強い大阪の弁護士法人ロイヤーズハイ

弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
大阪難波・堺・岸和田・神戸の 刑事事件 加害者側専門サイト
【強制わいせつ事件 30代前半男性】「過去に数回ほど,古本屋や駐輪所で女性とすれ違いざまに,軽くお尻や腕などの部位を触る行為を繰り返して…」

不起訴

事案の概要

過去に数回ほど,古本屋や駐輪所で女性とすれ違いざまに,軽くお尻や腕などの部位を触る行為を繰り返してきましたが,触れられた女性は気づいているのか気づいていないのか今まで問題になってきませんでした。しかし,最近も駐輪所にて同様の行為に及んでしまいましたが,女性に気づかれてしまい,声を挙げられてしまい,その現場から逃げ出しましたが,防犯カメラが設置されていたこともあって,自分のした行為について逮捕されるのではないかと夜も眠れません。どうしたらよいかと思い,相談に至りました。

相談内容

先生にご相談したところ,防犯カメラなどに映っていたと思われることから,このまま放置すれば逮捕されるリスクもあるとの説明をうけました。そこで,先に弁護士の先生に自首に同行してもらい,被害者の方との示談活動をお願いすることにしました。

弁護士からのアドバイス

本件は,このままでは逮捕勾留されるリスクがあると判断し,お客様にご選択いただいたうえで自首に同行させていただきました。経験上,自首した場合に,そのまま逮捕されるリスクはほぼありません。その後,警察の方から被害者の連絡先を教えていただき,示談が成立して,不起訴になりました。
自分のやってしまったことを反省されているのであれば,自首することも一つのご判断ですので,お悩みの方はご相談くださいませ。