不起訴 - 刑事事件に強い大阪の弁護士法人ロイヤーズハイ

弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
大阪難波・堺・岸和田・神戸の 刑事事件 加害者側専門サイト
【大阪府迷惑防止条例違反(盗撮) 30代男性】「駅のエスカレーターで女性が上がっていくときに,後ろからスカートの中を携帯電話のカメラで盗撮したところ…」

不起訴

事案の概要

駅のエスカレーターで女性が上がっていくときに,後ろからスカートの中を携帯電話のカメラで盗撮したところ,被害女性にバレて,警察を呼ばれた事案

相談内容

自分が盗撮をしてしまったことは間違いがないことなので,謝罪とお金の支払いをしたいと思います。どうすればよいでしょうか?

弁護士からのアドバイス

性犯罪の場合,ご自身で直接被害者の方に接触や連絡はできず,弁護士を通じないといけません。そこで,ご依頼をいただいた上で,警察に被害者の方に連絡先を教えてよいかどうかを確認してもらった後,連絡先を教えてよいとのことだったので,弁護士を通じて謝罪と示談活動を行い,示談が成立したため,不起訴となりました。
なお,被害者の意向次第では,そもそも連絡先を教えていただくことさえできないこともあります。連絡先を教えてもらえなければ,示談活動ができませんので,私どもも出来る限り教えていただきやすいように警察や検察に申し添えをしていただくことにしております。
ですので,示談をお考えの方は,盗撮や痴漢の示談活動に強い弁護士にご相談いただくのがよいと思います。