風俗(デリヘル)で本番行為を行うのは犯罪?摘発、逮捕されますか? | 大阪難波(なんば)・堺の刑事事件に強い弁護士|弁護士法人法律事務所ロイヤーズハイ

風俗(デリヘル)で本番行為を行うのは犯罪?摘発、逮捕されますか?

日本国内に存在する風俗店では、いわゆる「本番行為」を認めているお店は皆無と言って良いでしょう。
なぜなら、本番行為を認めてしまうと、お店やそこで働く風俗嬢が、売春防止法違反等で摘発されかねないからです。
そのため、大半の風俗店では本番行為を禁止し、違反した客や風俗嬢には厳しい対応をしています。

しかし、風俗嬢と利用客の間に合意があったとしたらどうでしょうか。
このような場合、客側は逮捕されてしまうのでしょうか。

 

1.風俗店での本番行為は摘発・逮捕されるのか?

 

では早速、核心部分についてお話します。
結論から言うと、サービスの延長で何となく本番行為をしてしまった、という程度ならば逮捕される可能性は低いでしょう。

しかしこれは、本番行為が「違法行為ではない」という意味ではありません。
日本では売春を明確に禁止しており、風俗店での本番行為も売春に該当します。
これは、売春防止法に規定があります。

 

“売春防止法
(売春防止法の定義)
第二条 この法律で「売春」とは、対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交することをいう。

(売春の禁止)
第三条 何人も、売春をし、又はその相手方となつてはならない。”

 

このように売春防止法では、対償を受けて性交すること(お金やモノを支払って性交すること)を売春と定義していますから、風俗店での本番行為も該当するわけですね。
また、第三条では、だれであっても売春をしてはいけないと書いてありますから、やはり違法行為になることがわかります。

 

しかし、最初に述べたように、これだけで逮捕される可能性は低いでしょう。
なぜなら、売春防止法の第三条には罰則規定がないからです。
売春のあっせんや売春業の経営には罰則規定がありますが、単なる売春行為では罪を罰することができないのです。

 

2.本番行為とは。売春防止法以外で逮捕される可能性

 

ここで注意したいのが、「本番行為は密室で二人きりの状況で行われる」ということです。
風俗店での本番行為は、密室の中に二人きりでサービスを受けている状態で行われますよね。
つまり、当人同士以外は、当時の状況がわからないわけです。

 

仮に風俗嬢が通常のサービス料に上乗せしてお金を支払うことで、本番行為を許容したとしましょう。
また、お客側も条件に合意し、すべてが済んだ後で、本番行為がお店にばれたとします。
このとき、風俗嬢が「無理やり本番行為を強制させられた」と、虚偽の主張を繰り返すと、状況は複雑になるでしょう。
密室だけに、「被害者」を装われると、お客側の立場は危うくなります。

 

さらに、刑法177条の「強制性交等罪」に該当してしまうと、逮捕される可能性も高まります。

“第177条 (強制性交等)
十三歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、五年以上の有期懲役に処する。十三歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。”

 

強制性交等罪は5年以上の懲役刑との規定がありますから、逮捕・起訴される可能性は十分にあります。
実際に風俗店での本番行為が問題になるケースでは、「強制性交や強姦に該当するか否か」が焦点になります。

簡単に言うと「合意の上だったか、半ば無理やりだったか」という点ですね。
もし風俗嬢側が「無理やりだった」と主張してくれば、それに対する反論が求められます。
また、密室の中で当人同士だけが知り得る状況を、第三者にどう納得させるかが非常に重要です。

 

3.本番行為によるトラブルはすぐ弁護士に連絡を

 

このように、売春行為自体に該当しても逮捕される可能性は低いものの、「強制性交等罪」の関与で状況は変わります。
強制性交等罪は以前「強姦罪」という罪だったのですが、強姦罪だった時代は「親告罪(被害者からの告訴が無い限り起訴できない)」でした。
しかし法律が改正され、被害者からの申告がなくても、検察官が独自の判断で告訴できるように変わったのです。

 

したがって、逮捕を回避するには、示談交渉の有無や状況を説明する力の重要性が増しています。
また、日本の刑事事件は、起訴されると99%の確率で有罪判決が下されます。
さらに、有罪判決が下されると前科になり、その後の人生にも影響がでてしまいます。
起訴を回避するには示談交渉が効果的で、これには弁護士の介入が不可欠と考えて良いでしょう。

 

弁護士が間に入ることで、風俗店からの高額な損害請求を防ぐ、風俗店や風俗嬢と直接やりとりをせずに済むなどのメリットがあります。
法律事務所ロイヤーズ・ハイでは性犯罪・風俗トラブルに関し経験豊富な弁護士が在籍しています。
万が一、風俗店での本番行為がトラブルに発展しそうならば、当事務所の弁護士に相談することをお勧めします。

このコラムの監修者

  • 田中今日太弁護士
  • 弁護士法人 法律事務所ロイヤーズ・ハイ

    田中 今日太弁護士(大阪弁護士会所属)
    弁護士ドットコム登録

    弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイの代表弁護士を務める。
    大手法律事務所で管理職を経験し、性犯罪事件、窃盗・横領などの財産事件、暴行傷害などの暴力事件などで多数の不起訴経験あり。刑事弁護委員会所属。
    お客様を精一杯サポートさせていただくことをモットーとし、豊富な経験と実績で、最善策の見通しを即座に迅速かつ適切な弁護活動を行う。

トップ > [わいせつ・性犯罪, 刑事事件お役立ちコラム] > 風俗(デリヘル)で本番行為を行うのは犯罪?摘発、逮捕されますか?
side-toiawase

事務所案内

image 法律事務所ロイヤーズ・ハイ

難波本店

556-0011
大阪市浪速区難波中1-13-17
ナンバ辻本ビル4階
TEL:06-6586-9400

南海難波駅より徒歩3分
大阪市営地下鉄御堂筋線「なんば」駅
より徒歩3分
JR「難波」駅より徒歩5分
近鉄「大阪難波」駅より徒歩5分

堺支店

590-0028
堺市堺区三国ヶ丘御幸通1-2
ケンスイビル5階

南海高野線「堺東」駅より徒歩3分

okaykubunner

主な対応エリア

大阪市(都島区 福島区 此花区 西区 港区 大正区 天王寺区 浪速区 西淀川区 東淀川区 東成区 生野区 旭区 城東区 阿倍野区 住吉区 東住吉区 西成区 淀川区 鶴見区 住之江区 平野区 北区 中央区),堺市(堺区 中区 東区 西区 南区 北区 美原区)大阪近郊,京都府,兵庫県,滋賀県,奈良県など 対応エリア詳細はコチラ