性犯罪で実名報道されてる基準とは?その後社会復帰できる? | 大阪難波(なんば)・堺の刑事事件に強い弁護士|弁護士法人法律事務所ロイヤーズハイ

性犯罪で実名報道されてる基準とは?その後社会復帰できる?

犯罪における実名報道は、本人の私生活や将来に大きな影響を与えます。特に性犯罪での実名報道があると、そのダメージは計り知れません。そこで今回は、性犯罪における実名報道のデメリットについて整理していきます。

1.性犯罪で実名報道されるデメリット、社会復帰は困難

実名報道の中でも、特に性犯罪に関するものは、さまざまなデメリットがあります。
これは、比較的軽い罪であったとしてもです。

性犯罪における実名報道のデメリットとしては、

1.仕事上の信頼や肩書を失う
2.場合によっては、解雇や懲戒処分の対象になる
3.人々の記憶に長く残り、社会復帰が困難になる
4.身の回りの親しい人物(家族や恋人など)がバッシングの対象になる

といったものが考えられるでしょう。1と2については、それまで築き上げてきた社会的信用を失うことに繋がります。特に企業の要職にあったり、一般的にステータスが高いと考えられる職業(医師や公務員、大学教授など)についていたりすると、元の状態に戻るのは困難かもしれません。

ステータスが高かったり著名人だったりすると、必然的に世間の注目を集めてしまうからです。これは、ときに法律で定められた刑罰よりも重い枷となって、本人の人生を縛ってしまいます。

関連記事:性犯罪で逮捕された場合

2.実名報道される基準とは?

実名報道される基準は、法律で明確に決まっているわけではありません。そもそも実名報道は、法律の範疇外のお話だからです。そのため、実名報道されるかどうかは、罪を犯した本人の属性に依存します。前述したように注目を集めやすい立場、肩書などを持っていると、実名報道の対象になることが多いようです。

3.性犯罪の実名報道のデメリットを回避するには?

痴漢や強制わいせつによって逮捕されたら、すぐに不起訴を勝ち取るための活動を始めるべきでしょう。不起訴になれば、報道機関に対して記事の削除要請を出しやすく、削除に応じてもらえる可能性が高まるからです。ただし、一旦多数の人の目に触れてしまうと、記事を削除したとしても不利益を被ってしまいます。また、紙媒体とは異なり、Web上の記事は複製や転載が容易なため、拡散を防ぐのが難しいことも見逃せません。
つまり、いかに早く不起訴・釈放を勝ち取るのかが大きなポイントなのです。

関連記事:性犯罪を犯した場合における早期解放、不起訴

4.性犯罪で不起訴を目指すためのポイントとは?

性犯罪の場合、不起訴を勝ち取るためには示談が欠かせません。示談が成立していれば、不起訴になる可能性は大いに高まります。日本の刑事裁判は、起訴されると99%の確率で有罪になってしまいます。社会的な立場がある人物が痴漢や強制わいせつで有罪になれば、報道機関の格好の的になるでしょう。

また、一旦逮捕されてしまうと、警察での取り調べや留置所、拘置所での身柄拘束が続きます。これにより、最大23日間は身動きが取れなくなる可能性があります。したがって、自分の代わりに示談交渉にあたってくれる第三者が必要です。
この役目を果たせるのは、事実上、弁護士だけです。弁護士は早期釈放や不起訴に向け、被害者との示談交渉を進める貴重なパートナーです。

示談が成立すれば、不起訴だけではなく、懲戒免職や解雇を未然に防ぐことにもつながります。そのため、一刻も早く示談を成立させ、前科が付かない状態を目指すことが大切なのです。

関連記事:性犯罪で逮捕されたときに弁護士に依頼するメリット
関連記事:被害弁償、示談交渉は、弁護士に任せましょう

5.実名報道を避けるには刑事に強い弁護士の力が不可欠

実名報道によって仕事や家族、友人などを失ってしまえば、取り戻すまでには膨大な時間を要します。少しでもダメージを小さくし、社会復帰を用にするためには、弁護士のサポートのもと不起訴と早期釈放を目指すべきです。また、運悪く実名報道されたあとでも、弁護士を通して記事の削除要請などが行えます。

性犯罪でそれまで積み上げた信頼や社会的信用、人間関係などを失う前に、刑事に強い弁護士に相談しましょう。

関連記事:性犯罪を犯したときの示談方法

このコラムの監修者

  • 田中今日太弁護士
  • 弁護士法人 法律事務所ロイヤーズ・ハイ

    田中 今日太弁護士(大阪弁護士会所属)
    弁護士ドットコム登録

    弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイの代表弁護士を務める。
    大手法律事務所で管理職を経験し、性犯罪事件、窃盗・横領などの財産事件、暴行傷害などの暴力事件などで多数の不起訴経験あり。刑事弁護委員会所属。
    お客様を精一杯サポートさせていただくことをモットーとし、豊富な経験と実績で、最善策の見通しを即座に迅速かつ適切な弁護活動を行う。

トップ > [わいせつ・性犯罪, 刑事事件お役立ちコラム] > 性犯罪で実名報道されてる基準とは?その後社会復帰できる?
side-toiawase

事務所案内

image 法律事務所ロイヤーズ・ハイ

難波本店

556-0011
大阪市浪速区難波中1-13-17
ナンバ辻本ビル4階
TEL:06-6586-9400

南海難波駅より徒歩3分
大阪市営地下鉄御堂筋線「なんば」駅
より徒歩3分
JR「難波」駅より徒歩5分
近鉄「大阪難波」駅より徒歩5分

堺支店

590-0028
堺市堺区三国ヶ丘御幸通1-2
ケンスイビル5階c号

南海高野線「堺東」駅より徒歩3分

okaykubunner

主な対応エリア

大阪市(都島区 福島区 此花区 西区 港区 大正区 天王寺区 浪速区 西淀川区 東淀川区 東成区 生野区 旭区 城東区 阿倍野区 住吉区 東住吉区 西成区 淀川区 鶴見区 住之江区 平野区 北区 中央区),堺市(堺区 中区 東区 西区 南区 北区 美原区)大阪近郊,京都府,兵庫県,滋賀県,奈良県など 対応エリア詳細はコチラ