風俗トラブルの経験豊富な弁護士が対応 大阪難波・堺のロイヤーズ・ハイ法律事務所

トラブルが起こったらすぐに弁護士にご相談ください 06-6586-9400 8:30〜20:30(土日・夜間も対応) WEBでの予約は24時間受付中

無料法律相談実施中

 06-6586-9400

土日祝・夜間も対応

24時間
メール受付中

ホテルでのトラブル

風俗店とのトラブルは、デリヘルの場合、ホテル内で多く発生します。
盗撮・盗聴をしてしまった、禁止されていたのに本番行為をしてしまったなど、様々なトラブルが考えらます。このような場合に、風俗店や風俗嬢から「警察に言う」などと言われ、逮捕や起訴されたり、前科がついたりするのではないか不安に思っておられる方はいませんか。
自分自身が「いけないことをした」との認識があることや、風俗店とのトラブルという性質上、ご自身で交渉することも、家族や友人に相談することも難しいのではないでしょうか。素早く弁護士にご依頼いただければ、風俗店側と示談交渉などを進めることで警察沙汰になることを防いだり、不起訴に向けた活動を行うことが可能です。

ホテル内で盗聴をしてしまった

風俗店側は、盗撮とあわせて盗聴も禁止していることが多いのです。しかし、盗聴行為自体を犯罪として定める法律や条令は今のところ存在しません。 
もっとも、盗聴行為によってプライバシーを侵害されたとして、風俗嬢などから民事上の損害賠償を請求される可能性は十分にあります。このような場合も、弁護士にご相談いただければ示談交渉により賠償額を減額できる可能性があります。

風俗嬢からの誘いで、禁止されている本番行為をしてしまった

風俗店や風俗嬢の同意なく本番行為を行った場合、強制性交等罪などの罪に問われることがあります。しかし、中には風俗嬢から「オプションで本番行為も可能だ」と言われ、本番行為を行ったのに、その後風俗店側から「規約違反だ」などと脅された方もおられるのではないでしょうか。 

風俗店の中には、利用客が規約違反行為に及ぶように風俗嬢が誘導し、最終的には風俗店側が規約違反行為を理由に金銭を請求する、という行為を行う店も存在します。このような場合は、逆に店側の刑事責任を問える可能性があるのです。どういった経緯で本番行為に及んだのか、その後の店側の対応がどのようなものだったのか、一度弁護士にご相談ください。

風俗トラブルで困った時はすぐに連絡ください。

  • 脅されている
  • 警察に通報されそう
  • 警察に逮捕されたり、呼び出しを受けている

安心の相談体制

  • 相談料は無料
  • 風俗トラブルに精通した弁護士が直接対応
  • 平日夜間・土日祝
    相談可
  • 安心の即日対応
トラブルが起こったらすぐに弁護士にご相談ください 06-6586-9400 8:30〜20:30(土日・夜間も対応) WEBでの予約は24時間受付中
相談料0円