風俗トラブルの経験豊富な弁護士が対応 大阪難波・堺のロイヤーズ・ハイ法律事務所

トラブルが起こったらすぐに弁護士にご相談ください 06-6586-9400 8:30〜20:30(土日・夜間も対応) WEBでの予約は24時間受付中

無料法律相談実施中

 06-6586-9400

土日祝・夜間も対応

24時間
メール受付中

警察に通報されるか不安

  • 風俗嬢と揉めてしまい、風俗嬢から「被害届を出す」「警察に言う」と言われてしまった。
  • 規約違反行為がお店にバレて、風俗店から「警察に通報する」と言われてしまった。

風俗嬢や風俗店からこのような対応をされ、本当に警察に通報されるのではないか、また、自宅まで警察が来るのではないか、不安を抱えながら生活をしている人もいるのではないでしょうか。

また、風俗店から「罰金を払うか、警察に行くか、どちらか選べ」と言われ、怖くなって言われるがまま罰金を支払ってしまった。お金は支払ったが、結局警察に言われるのではないか、と不安になって相談に来られる方もたくさんおられます。

 

風俗店は、「盗撮・盗聴行為の禁止」「女性キャストの嫌がる行為の禁止」「本番行為の禁止」など、様々な禁止行為を定めています。風俗店を利用する客は、受付でこれらの禁止事項の説明を受けたり、インターネットで申込する場合にも規約という形で禁止事項を目にしているはずです。

そのため、これらの約束に反する行為をしてしまった場合、警察に通報されるのではないか、と心配になってしまうのは当然です。しかし、約束違反行為があったからといって、必ずしも警察に通報されるとは限りません。

 

同意なく本番行為を行ってしまった場合や、盗撮行為を行った場合は、法律に抵触する行為を行っているのですから、警察に通報される可能性は十分にあります。

しかし、風俗店の定めたルールに反する行為であっても、犯罪行為に該当しない場合もたくさんあります。例えば、本番行為について実際は風俗嬢の同意があった場合などです。それでもお店は、「ルール違反だから罰金を支払え」と脅してくるかもしれません。

もっともこういった場合には、お店側も、犯罪行為があったわけではないと承知のうえで脅していることも多いので、警察に通報することまでは考えていない可能性があります。

むしろ、警察に通報してしまえばお店側の脅迫行為が明るみにでるわけですから、通報しない可能性が高い場合もあるのです。
そうはいっても、通報するか否かは風俗嬢や風俗店の考え方次第ですから、確実な答えを出せるわけではありません。弁護士にご相談いただき、現在置かれているあなたの状況をお話しください。

 

お話を聞いたうえで必要があると判断すれば、弁護士が風俗嬢や風俗店と交渉し、「警察には言わない」という趣旨の文言を含めた示談書を締結することも考えられます。

また、お店側の対応が脅迫や恐喝にあたるといえる場合には、こちらから刑事告訴をすることも視野に入れた交渉を行うことが可能です。

 

警察に通報されるかもしれない…

そういった不安をお持ちの場合、時間との勝負です。本当に警察に通報されてしまう前に、何らかの対応を取ることが必要なのです。
一刻も早く、弁護士にご相談ください。あなたの置かれた状況に合わせて、最適なアドバイスをさせていただきます。

風俗トラブルで困った時はすぐに連絡ください。

  • 脅されている
  • 警察に通報されそう
  • 警察に逮捕されたり、呼び出しを受けている

安心の相談体制

  • 相談料は無料
  • 風俗トラブルに精通した弁護士が直接対応
  • 平日夜間・土日祝
    相談可
  • 安心の即日対応
トラブルが起こったらすぐに弁護士にご相談ください 06-6586-9400 8:30〜20:30(土日・夜間も対応) WEBでの予約は24時間受付中
相談料0円