大阪・難波・堺で、刑事事件・少年事件に強い弁護士をお探しなら、法律事務所ロイヤーズ・ハイ事務所までお気軽にご相談ください。

自身のわいせつ動画をアップロードすることは違法?

最近は,誰でも簡単にインターネット上に動画を公開できる時代です。自分の動画だからと,軽い気持ちで裸の動画等を公開したとして,どのような問題があるのでしょうか。また,限られた人しか閲覧できない,いわゆる「鍵垢(鍵アカ)」に動画をアップロードした場合にも,問題はあるのでしょうか。
ここでは,自分の「わいせつ動画」をネットに公開した場合の問題点について,解説していきます。

1.「わいせつ」とは?

そもそも,「わいせつ」とはどのようなものを指すのでしょうか。判例上,「わいせつ」とは,「徒に性欲を興奮又は刺激せしめ,かつ,普通人の正常な政敵羞恥心を害し,善良な性的道義観念に反するもの」と定義されています。
この定義自体があいまいなので,具体的にどのような画像や動画が「わいせつ」なものといえるのかは明確ではありません。過去に公然わいせつやわいせつ物頒布罪で事件化している例をみると,性交渉や性交渉類似行為,また,性器が写っている写真等が「わいせつ」に該当すると考えられているようです。

2.自身の「わいせつ」画像・動画をアップロードした場合に成立する犯罪

では,自分の性交渉や裸の写真・動画をインターネットに公開した場合には,具体的にどのような問題が生じるのでしょうか。

(1)ライブ配信した場合

自身の性交渉をインターネットでライブ配信した男性が,公然わいせつ罪で逮捕された事件を覚えている方もいるのではないでしょうか。ライブ配信をしている現場に誰も人がいなくても,インターネットを通じ,リアルタイムでわいせつ行為を見ることができる状態にあれば,それは,公道等でわいせつ行為を行っていることと何ら変わりません。
そのため,インターネットを通じた配信でも,公然わいせつ罪が成立し得るのです。
公然わいせつ罪は,刑法194条に以下のように規定されています。
“公然とわいせつな行為をした者は,6月以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。”

ここでいう「公然」とは,不特定又は多数の者が認識し得る」状態を指します。
インターネット上での配信も,不特定の人が閲覧できる状態で行われますので,甲税制を満たすことになります。そのため,インターネットのライブ配信も,公然わいせつ罪が成立し得る行為なのです。
先にお話しした,性交渉をライブ配信して逮捕された男性は,配信に使ったサーバーは海外にあるため,日本の刑法は適用されないと考えていたようです。しかし,わいせつ行為自体が日本で行われている以上,日本の法律は適用されます。

(2)わいせつな画像や,録画した映像を配信した場合

このような場合は,わいせつ行為を公然と行っているわけではありませんから,公然わいせつ罪は成立しません。ただし,わいせつ物公然陳列罪(又は,わいせつ物頒布罪)が成立する可能性はあります。
わいせつ物頒布等罪は,刑法195条1項に以下のように規定されています。
“わいせつな文,図画,電磁的記録に係る記録媒体その他の物を頒布し,又は公然と陳列した者は,2年以下の懲役若しくは250万円以下の罰金若しくは科料に処し,又は懲役及び罰金を併科する。電気通信の送信によりわいせつな電磁的記録その他の記録を頒布した者も,同様とする。”

わいせつな画像や動画は,わいせつな「電磁的記録」に該当します。そして,これらをインターネット上にアップロードすることで,不特定多数の者が閲覧できる状態になりますから,わいせつ物公然陳列罪が成立し得るのです。
また,これらの画像等をインターネット上のサイトに有料で配信したり,第三者がダウンロードして閲覧できる状態におけば,「電気通信の送信」によって電磁的記録を頒布していることになりますから,わいせつ物頒布罪が成立する可能性があるのです。

3.「鍵垢(鍵アカ)」に動画をアップロードした場合は?

Twitter等でよくみかける,閲覧を許可した人しか内容を見ることができない,いわゆる「鍵垢」等にわいせつ画像・動画を公開した場合はどうでしょう。
決まった人しか見ることができないのだから,わいせつ物公然陳列罪は成立しないといえるのでしょうか。

ここでの「公然」も,公然わいせつ罪と同じ,「不特定又は多数の者が認識し得る状態」を指します。閲覧できるのが特定の人物であっても,複数人が見ることができる以上,多数の者が認識し得る状態にあるといえますから,やはり公然性の要件は満たしてしまいます。
「鍵垢」であっても,複数の人物が閲覧できるのであれば,はやりわいせつ物公然陳列罪は成立てしまうのです。

4.おわりに

ここまでお話ししてきたように,「わいせつ」の定義はあいまいです。「これくらいなら大丈夫だろう」と素人判断で動画や画像をインターネット上で公開することは,非常に危険です。ツイッターやインスタグラム等,個人が手軽にネット上に情報を発信できる状況を考えると,気付かぬうちに犯罪行為を行っている可能性があるのです。
また,一般に公開していないアカウントに動画をあげる行為でも,犯罪が成立してしまう可能性が高いですから,避けるべきです。
インターネット上へのわいせつ画像・動画の投稿は,非常に危険な行為です。取り返しのつかないことになる前に,「投稿」ボタンから離れましょう。

side-toiawase

事務所案内

image 法律事務所ロイヤーズ・ハイ

難波本店

556-0011
大阪市浪速区難波中1-13-17
ナンバ辻本ビル4階
TEL:06-6586-9400

南海難波駅より徒歩3分
大阪市営地下鉄御堂筋線「なんば」駅
より徒歩3分
JR「難波」駅より徒歩5分
近鉄「大阪難波」駅より徒歩5分

堺支店

590-0028
堺市堺区三国ヶ丘御幸通1-2
ケンスイビル5階c号

南海高野線「堺東」駅より徒歩3分

主な対応エリア

大阪市(都島区 福島区 此花区 西区 港区 大正区 天王寺区 浪速区 西淀川区 東淀川区 東成区 生野区 旭区 城東区 阿倍野区 住吉区 東住吉区 西成区 淀川区 鶴見区 住之江区 平野区 北区 中央区),堺市(堺区 中区 東区 西区 南区 北区 美原区)大阪近郊,京都府,兵庫県,滋賀県,奈良県など 対応エリア詳細はコチラ